衝動買いしたMacBook
普段は仕事用にパナソニックのレッツノートを愛用しています。
軽いし、バッテリーの駆動時間は長いし、スペックも高いし、若干値段が高いことが気になりますが、素晴らしいパソコンです。
ただ、ちょっと思うところがあって「MacBook」を買いました。
AirでもProでもなく、12インチの単なる「MacBook」です。
レッツノートの代用としてではなく、急に購買衝動に駆られたためです。

それは先日、とある用事で愛娘と待ち合わせして、その時間つぶしの為に大阪・心斎橋にあるアップルストアに立ち寄ったことがそのきっかけでした。


そもそものアップルファン
携帯電話は、バッテリーの関係もあり長くスマホには否定的でしたがiPhone4以降は新型が出るたびに買い替えています。と…言いながら、現在使っているのはSではなくiPhone6ですが…

一時期、アンドロイドスマホに心動いたことがありましたが、結局は何日も経たずして直ぐに元に戻した、なんてこともありました。
iPadも第一世代、第二世代、そしてMiniの第2世代を経て、今はiPad Mini 4を愛用しています。
iPadはベッドで本読んだり、ご飯食べながらメールチェックしたり、出張中の電車の中での資料確認やWEBを楽しんだり、用途はかなり広いです。
これは手放せません。

そして今回、MacBookを買ってしまったわけですがアップルと言えばRetinaディスプレイですね。
このRetinaを一回でも経験すると他は使えなくなりますね。

携帯電話の画面でもそうですが、iPad Miniクラスの画面でも差は明らかです。10インチを超えてくるとその差は歴然です。
アップルはすごい開発をしたと思います。

MacBook

気にはなっていたアップルのパソコン
ビジネスではレッツノートが一番と信じている私ですが、以前より、MacBookシリーズは気になっていました。
その理由はやはりRetinaディスプレイ。
MacBook Airというモバイルパソコンが発売されていますが、しかしRetinaディスプレイではなかったのです。

なのでいつかはMacBook AirのRetinaモデルが出るだろうと思っていて、その時は考えてもいいなって思っていましたが実際に発売されたのは、12インチの全く新しいモデルで、AirとかProとかのサブネームは付かない単なる「MacBook」でした。
名前にはちょっとがっかりしたのと、USB(充電用のタイプCを除く)やHDMIなどのポートが標準装備されていなくて全て外付け対応であること、そしてCPUがCore-Mってそれまで聞いたことのない作りだったので、モバイルには適していてもガンガン使えるPCではないと勝手に判断して、以降は私の記憶から消えてしまいました。



やっぱ、アップルはすごい!
しかし、アップルストアでスタッフさんの説明を聞いて、自分で勝手な思い込みをしていたことに気づかされました。
  • 気にしていたCore-Mプロセッサーは第二世代のCore-i5くらいのパフォーマンスはあるらしくビジネスにも一定の安定性は期待できること。
  • MSオフィスは2016になって相当使いやすくなったということ。
  • キーボードは使いやすい配置になっていて、普段使っているウインドウズPCからの慣れは必要だけど、致命的なことは何もなさそうなこと
  • そして何よりこの軽さと薄さ。
心が動いた一番の理由は、ビジネスユースに使えると確信できたこと。
薄く軽く作っただけじゃなく、一定のパフォーマンスを確保しているんですね。

 Retinaの美しい画面、関数やリンク多用のエクセル利用ができる、パワポもしっかり使える。
 そしてキータッチも自分としては問題なかったし、文字変換もウインドウズと同様にできるモードが付いている。
 かなり心配だったマウスのスクロールは、ウインドウズとは逆の使い方だと思い込んでいたら、これもウインドウズと同じ用に使える。なので、マックとウインドウズPCを併用しても大丈夫そう。

そう思った瞬間にどの色がいいか、私を見つけて駆け寄ってきた娘にアドバイスを求めていました。



ディスカウントもあった!

アップルは学生向け割引があって、本人だけじゃなくその両親にも適用してくれるのです。

娘は3月末までは学生で、、一緒に買ったオフィスソフト(Microsoft Office 2016 for Mac)もセットの価格で通常より2万円くらい安く変えることも背中を押してくれました。
さらに、普通は2万円くらいするbeatsのヘッドフォンを無料でサービスしてくれる特典付き。


絶対額としてはちょっと値は張るけど、もう買わない理由は何もなくなってしまってました。


そして実際に使ってみて感じたことは想像を超える使いやすさだという事。
もしかすると近い将来レッツノートをサブに追いやってこっちをメインにするかもって思っています。


確かに改善してほしい点はいくつかありますが、それをカバーしてあまりある長所がこの「MacBook」にはあると思っています。

当分、しっかり使ってみてその具体的な素晴らしさをレポートしてみたいと思います。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。