まったくのプライベートの話ですが、今週の月曜日(3月7日)、かすかにテレビに映りました。
多分、関西だけの放送だと思いますが「水野真紀の魔法のレストラン」(毎日放送系)
月曜日の午後7時から放送されていますが、こちらではそこその人気番組です。

この番組で、大阪市営地下鉄「御堂筋線」と「谷町線」沿線にある個性のある店をいくつか紹介したのですが、偶然にもこの中で私がよく行く店が二つも紹介されました。



まずは都島(みやこじま)の『鶏ざ』さん

矢沢永吉が大好きなマスターの村上さんは元々は中華の名シェフ。
かの周富徳さんのお弟子さんとして修業を積んでこられました。

今は、焼き鳥の店を経営しておられますが、普通の焼き鳥屋さんとは一線を画した楽しいメニューが豊富です。
焼き鳥屋さんなのに中華メニューの会を開催したり色んなアイデアで客を楽しませてくれます。

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270304/27057106/



そして、もう一つは船場にある『Stylish Grill  Tyu』

今回、その取材の日にこの店に行きました。
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27013318/

偶然ではなく、取材来るから来ない?と店のシェフに誘われたのですが、もしかするとテレビに映るかも!って期待した私が浅はかでした。

そして当日、取材に来たADさんに頼まれて色々と演技(注文を言うだけ!)したのですが、結局はそのシーンは全く放送されず。
それどころか、かすかに映っただけ。

まあ、それはいいとして。

この『Stylish Grill  Tyu』の取材は、2回に亘って行われました。
1回目はお笑いタレントのサバンナさん(高橋さんと八木さん)による取材。
この時は、宇野店長や増田シェフがインタビューを受けており、このシーンは結構長かった。

2回目は夜の営業中のシーンという事で、取材のADさんだけが来店。
その時に客として娘と二人で行ったのですが、そのADさんは合計で30分くらいカメラを回していました。

結局、その約30分の中で実際に放送に使用された尺(専門用語!)は20秒程度。
しかも殆どまともに映っていない!

それはともかく、視聴者にベストの映像を届けるために無駄にする時間と労力は半端じゃないことを実感しました。

スライド2

スライド1



「ベストをお届けするためには無駄になる仕事もある」
今回のテレビ取材に触れてみて、「ベストを届けるためには無駄にする仕事もある」ってことを改めて実感しましたね。

一般の企業においても、営業や開発など大きな成果があるその裏側で、目立たないけどなくちゃならない多くの仕事がありますよね。

人事評価(考課)において、成果が目立つ人に高評価を与えてしまう傾向がありますが、地味ながらも会社全体を支えている仕事にも目を向けることは絶対に忘れちゃいけない。


そのことを改めて実感した大好きな水野真紀さんの番組でした!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
皆さん、よい週末を!